ホーム > 事業案内 > オステオポンチン

オステオポンチン研究会
オステオポンチン (Osteopontin: OPN) は別名Uropontin, 2ar, BSPI, 44kD bone phosphoprotein,Eta-1とも呼ばれています。その存在は、骨基質に存在するタンパク質として同定されていますが、乳汁、胎盤、尿、白血球腎臓などの正常組織、および腫瘍組織にも見い出されています。OPNは破骨細胞のαvβ3と結合することにより骨吸収調節を行っている可能性があり、骨研究において注目されています。また、最近では血管内皮細胞への結合に関与し、癌転移におけるOPNが注目されています。
さらに、α4やα9インテグリン発現細胞と、トロンビン切断型のOPNとの結合が種々の炎症に関与している事実が明らかにされています。

 
2010年のオステオポンチン研究会の開催はございません。次回の開催につきましては、決定次第お知らせ申し上げます。
過去に開催されましたオステオポンチン研究会の抄録集(PDFファイル)および関連サイトです。
   名     称
第9回オステオポンチン研究会抄録集 (※1)
第8回オステオポンチン研究会抄録集
SMALL INTEGRIN-BINDING PROTEINS に関するGordon Research Conference (外部リンク)
第7回オステオポンチン研究会抄録集
ゴードンカンファレンス
第6回オステオポンチン研究会抄録集
第5回オステオポンチン研究会抄録集
第4回オステオポンチン研究会抄録集
第3回オステオポンチン研究会抄録集
第2回オステオポンチン研究会抄録集
第1回オステオポンチン研究会抄録集

(※1)第9回抄録集冊子をご希望の方は無償で送付致します。
下記お問合せ先よりE-maiにて部数、 送付先を明記の上
オステオポンチン研究会事務局までご連絡ください。


お問合せ先

担当:小柳、木下
〒375-0005 群馬県藤岡市中字東田1091-1 株式会社免疫生物研究所内
TEL: 0274-22-2889(代) FAX: 0274-23-6055
E-mail こちらをクリックしてください

事業紹介
実験動物関連事業
研究所紹介
オステオポンチン
論文紹介